少女は、再び対峙する──『リップヴァンウィンクルの花嫁』を中心にみる、現実と虚構の旅