『贖罪』の中でマキューアンが騙ろうとしたこと──抗争性、物語ることの可能性、現実と想像の和解